英語上達.net

英語・英会話の上達に役立つ情報をお届けします

実際に使ってみて分かったリスングパワーの効果的な使い方

Sponsored Link

リスニングパワーは、英語のリスニング力を改善する教材ですが、その使い方は至ってシンプルです。

CDをただひたすら繰り返し聴くのです。


テキストはイマイチです


もちろんテキストも付いていますが、私はテキストをほとんど使用しません。

テキストを見るのは、各トラックの音声を何のために聴くのかを確かめる時や英語の日本語訳を確認する時ですが、率直に言って、このテキストの説明は不十分で日本語訳がないトラックもあり、あまり役に立ちません。

リスニングパワーのテキストは改善の余地が大いにあると思います。

リスニングパワーテキスト


できるだけたくさん聴く


CDは2枚あり、1枚につき1時間ほどの音声が収録されています。

テキストの6ページには、「一日数分間リスニングパワーで学習してください」とありますが、実感としては1日数分では効果はありません。

効果を実感するためには、可能な限りたくさん、繰り返し聴くべきだと思います。

私の場合は1日平均して20分ほどの時間、流れてくる音声にじっと聴き入りました。

CD-2に入ってからは、休日などで時間が取れる時には1時間ほど集中して聴いていました。

ヘッドホン


ヘッドホンで神経を集中して聴こう


ちなみにテキストにも書いてありますが、リスニングパワーは必ずヘッドホンかイヤホンで聴くことが大切です。

一番肝心な聴解範囲を広げる効果音をしっかり聴けるようにするためです。

また、実際に使用した感覚では、通勤中や何か他のことをしながらとか聴いてもあまり効果は薄いと思います。

私は静かな環境でしっかり集中して聴くと効果を実感できました。

Sponsored Link



慣れてきたら音声をまねて発音してみよう


最初の2週間はCD-1だけを繰り返し聴きます。

ただ、2週間というのは1つの目安の期間に過ぎないので、ある程度音に慣れたと感じられた時点でCD-2に進みます。

そしてCD-2も音が耳になれるまで、2週間程度繰り返し集中して聴きます。繰り返し聴いていると内容も覚えてしまうので、音声に合わせて自分も発音してみます。

実際これはリスニングパワー推奨の使用法で、CDの音声に合わせて一緒に発音することで正しい発音の練習にもなり、正しく発音できればリスニングの精度が上がるというように、良い循環が生まれます。

リスニングパワーの詳細情報


まとめ


◆できるだけたくさん聴く

◆ヘッドホンかイヤホンで聴く

◆ながら聞きは効果が薄い、神経を集中して聴く

◆慣れてきたら音声をまねて発音してみる

Sponsored Link


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/08/14 17:09 ] リスニング リスニングパワー | TB(-) | CM(-)