英語上達.net

英語・英会話の上達に役立つ情報をお届けします

リスニングパワーはどんな教材なの?

Sponsored Link


リスニングパワーは、日本語と英語の周波数の違いに注目して開発された英語リスニング教材です。

音は空気の振動によって伝わります。

その振動が1秒間に揺れる回数(周波数)を、ヘルツという単位で表します。

人間の耳が聞き取れるのは、約20ヘルツ~20000ヘルツと言われています。

リスニングパワーを開発した言語学者スコット・ペリー氏によると、日本語の周波数は125~1500ヘルツと世界の言語の中でも最も低い部類に入ります。

一方で英語の周波数は2000~12000ヘルツと非常に高く、日本語の周波数と重複する部分がありません。

リスニングパワー周波数表
出典:リスニングパワー公式サイト


日本人が英語のリスニングを苦手とする理由


幼児期まではあらゆる言語の周波数帯を受容する能力がありますが、その範囲は大人になるにつれて母国語の周波数帯に限定されていきます。

我々日本人の耳(正確には脳の中の言語を認識する部分)は、日本語の周波数帯に慣れているため、英語を聞いても本来の英語の音として認識できず、より近い日本語の音に置き換えて認識してしまいます。

そのため、多くの日本人は英語のリスニングを一生懸命勉強しても、なかなかある一定のレベルから大きく進歩できないという経験をすることになります。

Sponsored Link



リスニングパワーで英語耳をつくる


リスニングパワーは、日本語には存在しない英語の音声を聴き取れるよう訓練し聴解範囲を広げることで、リスニング力を根本から改善する教材です。

2枚のCDに収録されている音声には、聴解範囲を広げる効果がある様々な音声が収録されています。

それらの音声を長時間、繰り返し集中して聴くことによって、英語を聴き取る「英語耳」を作っていきます。

リスニングパワービフォーアフター
出典:リスニングパワー公式サイト


リスニングパワーあくまでもリスニング補助教材


リスニングパワーは、英文の朗読や英会話を聴いてリスニングを訓練する教材ではありません。

日本語の音に慣れている日本人が、英語独特の音声を認識できるように訓練することを目的とした教材です。

それで、すでにある程度の英語のスキルがある方は、リスニングパワーを聴くことと平行して、ディクテーションをしたり、ニュースやドラマ・映画などの活きた英語音声をたくさん聞き続けることでリスニング力をより効率的に改善できるでしょう。

また、英語初学者の方は、まずリスニングパワーで英語の音を聴き取れる耳をつくってから、初級者対象の文法・読解・リスニングの教材を使用して勉強をしたり、英会話スクールのレッスン受講をすると、より効率的に学習を進められるでしょう。

繰り返しになりますが、リスニングパワーは英語の音を聴き取りやすくなるように訓練するための教材です。言わば英語リスニングの補助教材であり、リスニングパワー単体でリスニング学習すべてを網羅できるわけではありません。

リスニングパワーの購入を検討されている方は、この教材の特徴をよく理解した上で購入することをおすすめします。

リスニングパワーの詳細情報


Sponsored Link


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/08/13 20:46 ] リスニング リスニングパワー | TB(-) | CM(-)