英語上達.net

英語・英会話の上達に役立つ情報をお届けします

焼き鳥を英語で説明しよう①

Sponsored Link



焼き鳥って、本当に美味しいですよね。

外国人がとても興味を持つ日本食のひとつが、焼き鳥です。

では、焼き鳥を英語でどのように説明できるでしょうか。

ここでは、焼き鳥とはどんな料理なのか説明する例を挙げたいと思います。

焼き鳥皿


まず、焼き鳥のざっくりしたイメージを、一文で説明しましょう。

"Yakitori are grilled chicken skewers."
「焼き鳥は鶏肉を串に刺して焼いたものです。」

skewer(スキュア)は、バーベキューで使う焼串のことです。普通焼き鳥を食べる時に1本でお終いということはありませんから、skewersと複数形にしています。


ざっくりとバーベキューのような料理を連想してもらったので、次のように情報を追加します。

"They are made from bite sized pieces of meat from all different parts of the chicken."
「鳥のあらゆる部位の肉を一口大にして串にします。」

一口大の大きさは、bite sized piecesで表現します。


さらに、例えば鳥のどの部位を使うのかの情報を追加します。

"~such as the breasts, thighs, skin, liver and other innards"
「胸肉、もも肉、皮、肝臓とその他の内蔵」

もも肉は、thigh(サイ)と言います。動物の後ろ足のももの部分を意味します。


ここまでで、焼き鳥の外形をイメージしてもらえました。


Sponsored Link



では次は調理法の説明です。

"Yakitori is commonly cooked over charcoal."
「焼き鳥は普通、炭焼きにします。」

炭は、英語でcharcoalです。

焼き鳥はやはり炭焼きが一番ですね。

焼き鳥を焼いている



焼き鳥の味はどのように説明できるでしょうか。

"Yakitori is seasoned with a sweet and savory sauce or with salt."
「焼き鳥は、甘辛のソースか塩で味付けします。」

savory(セイバリー)は、「風味のある、辛味の」といった意味の形容詞です。

甘辛のタレを表現したいときに使える単語ですね。


これで、焼き鳥の外形・調理法・味付けを説明できました。

これくらい説明すれば、外国の方に焼き鳥のイメージをかなりふくらませてもらえるでしょう。

実際に、焼き鳥屋さんに外国の方を案内すればとても喜んでもらえると思います。

焼き鳥赤ちょうちん


では、焼き鳥の種類は英語でどのように英語で説明できるでしょうか。

次の記事でその点を書きたいと思います。

焼き鳥を英語で説明しよう②

Sponsored Link


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/08/06 23:24 ] 英語でなんて言うの? | TB(-) | CM(-)