英語上達.net

英語・英会話の上達に役立つ情報をお届けします

オンライン英会話 良い講師との出会いが英会話上達のカギ

Sponsored Link


NativeCampは、2015年3月にオープンしたスクールです。

以前にも紹介しましたが、NativeCampはレッスンにスカイプを使用せず予約も不要なので、一度会員登録をするとレッスンを始めるまでの手順がとても簡単です。
 
レッスン画面もスカイプと比べて使いやすく、さすがオンライン英会話専用に開発されているシステムだなあという印象です。


今回はテキストを使用したレッスンにチャレンジ


さて、今回はテキストを使用してのレッスンを選択しました。

テキスト代は無料です。

レベル別に用意されているテキストから、今回は現在完了形を会話形式で学ぶ、中級クラスのLesson1を選択。

最初のレッスンでは、こちらの声が雑音混じりで聞き取りにくいということで、
マイクのボリュームを調節したりしたものの結局改善しないまま、テキストにとりかかった時にはレッスンの残り時間が13分でした。

先生は一生懸命対応してくれましたが、テキストは途中までで時間切れになり、なんとも消化不良な感じでした。

レッスン後に冷静になってマイクの設定をよく確認すると、ヘッドセットのマイクではなくウェブカメラ側のマイクがonになっていたために、こちらの声が明確に届かなかったことが分かりました。

今回の先生には申し訳ないことをしました(-_-;)

Sponsored Link



再チャレンジ


NativeCampは1日何度でもレッスンを受けられるので、マイクの設定を確認して、もう一度テキストでのレッスンに挑戦です。

いろんな先生のレッスンを受けてみたいので、違う先生を選択しレッスン開始です・・・

"Hello. Can you hear me?"

オンライン英会話の第一声はほぼきまってこの言葉からはじまりますね。

今回はこちらの音声が明瞭に聞き取れるとのことで、一安心です。

お互いの自己紹介をした後で、先生からすぐにテキストレッスンをするか、それとも何か質問はあるか尋ねられました。

自己紹介が意外とあっさり2分ぐらいで終わってしまったので、以前からフィリピン人の先生に聞きたかったフィリピンの英語教育事情についていくつか質問しました。

といっても私の英会話力ではなかなかスムーズに質問のことばが出てこなかったのですが、先生は辛抱強く聞いてくれて、「つまりこういう質問ですか?」とたびたび助け舟を出してくれました。

Brianという若い先生ですが、人柄も良くもう3年近く英語の先生をしているということで、こちらの英語力に合わせて巧みに指導してくれます。

何気ない会話のなかでも、文法の誤りを親切に指摘して修正してくれたり、私が使った単語より適切な単語を教えてくれたりしました。

フィリピンの英語事情や逆に日本の英語事情、英語以外の外国語の勉強などについていろいろ話しているうちに、あっという間に時間が過ぎて、残り時間3分の表示が画面に現れました。

先生が、テキストレッスンをする時間がなくてsorryと言っていましたが、私は英語で楽しくフリートークができたので、大満足でした(^^)

何のレッスンでもそうですが、よい先生と出会えると大変な勉強でも楽しく続けられるものですね。

時間が合えばまた次回もBrian先生でレッスンしようと思います。

NativeCAMP公式サイト



Sponsored Link


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2015/05/05 17:22 ] オンライン英会話 レッスン体験レポート | TB(-) | CM(-)