英語上達.net

英語・英会話の上達に役立つ情報をお届けします

達人の英語・英会話上達法

Sponsored Link


ハインリッヒ・シュリーマンという人をご存知ですか?

長くギリシャ神話上の伝説の都市と言われていたトロイアが実在したと信じ、私財を投じて実際にトロイアの遺跡を発掘した、19世紀のドイツ人考古学者です。

トロイアは、トロイアの木馬(トロイの木馬)のエピソードでも有名ですね。

トロイ遺跡
-現在のトルコにあるトロイア遺跡-


シュリーマンは言語の達人としても知られており、その生涯中、母国語のドイツ語を含めて18ヶ国語を習得したと言われています。

普通は外国語をひとつ習得するだけでも大変なのに、シュリーマンは一体どんな勉強をしてそれほどたくさんの言語を習得したのでしょうか?
[ 2015/06/13 20:29 ] 英語・英会話上達法 | TB(-) | CM(-)

英会話上達に欠かせない勉強法

Sponsored Link


英語をマスターするためにオンライン英会話などでネイティブと対話形式のレッスンをするのは大切ですが、それだけでは日常会話レベルの力しかつきません。

深い内容の話題にも対応できるようになるために欠かせない勉強法は、読むことなのだそうです。

読書好き


日本の英語教育は読解中心と言われる割には、日本人は英語を読む量が圧倒的に少ないと言われています。

わたし自身のことを振り返ってみても、読解の勉強は英検の受験前に集中して行うぐらいで、普段は英語を読む量がとても少ないです。

英語を読むことは、野球のピッチャーで言えば走り込みのようなものでしょう。

走りこみはすべての投球技術の基本と言われます。

一流のピッチャーは徹底的に走りこんで投球の土台となる強靭な下半身をつくります。そのようにして鍛えたしっかりした土台がないとキレのある活きた球をコントロールよく投げることができないからです。

英語を読むこともピッチャーの走り込みと同様に、英語・英会話上達のための基本練習になります。

たくさんの英語を読むことが、語学の他の3つの技能(リスニング・スピーキング・ライティング)の土台となるということです。

では、何をどのように読むと効果的なのでしょうか?
[ 2015/06/15 23:12 ] 英語・英会話上達法 | TB(-) | CM(-)

佐藤琢磨の英語に学ぶ

Sponsored Link



英語を勉強するときに、あの人のように英語を話したいと目標を定めることも、英語上達のひとつの大切な方法なのかなと思っています。


私が英語でコミュニケーションを取るときに目標にしているのは、レーサーの佐藤琢磨さんです。


佐藤さんは21歳でイギリスに渡ってから、本格的に英会話を学んだんですね。

ですから、発音については日本語なまりのある英語を話しますが、海外メディアの受け応えをするときの佐藤さんは、実に堂々と自分の考えや気持ちを英語で表現していて、すごいなと感心してしまいます。




この動画は佐藤さんが2012年のインディー500であと一歩で優勝を逃した後に行われたインタビューです。

佐藤さんの英語は、とても平易でわかりやすい語彙を使いつつ、深い考えや気持ちを自由に表現していて、私もこんな風に英語でコミュニケーションしたいなといつも思います。

[ 2015/10/08 16:04 ] 英語・英会話上達法 | TB(-) | CM(-)