英語上達.net

英語・英会話の上達に役立つ情報をお届けします

英検の過去問を公式サイトから無料でダウンロード

Sponsored Link


すでにご存知かもしれませんが、英検の過去問が英検公式サイトから無料でダウンロードできるんです。
  
 http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/

久々に英検を受験しようと思い立ち、まずは過去問を見てみようとネットで検索したところ、いきなり公式サイトがヒットしてびっくりしました。

一応3年ほど前に準1級には合格しているのですが、過去問が公式サイトで見られるなんてはじめて知りました。

もしかして英検受験者にとっては常識なのでしょうか。

準1級の受験の時は、市販の問題集を1冊繰り返し解いていました。

そして実際に過去問のダウンロードページを見てまたびっくり。

実際の試験そのままの問題がPDFファイルでダウンロードできることに加えて、リスニングテストの音声まで聞けるんですね。

さらにリスニングテストの内容を文字起こしした原稿までダウンロードできます。

これはすごいなあ。

ダウンロードできるのは過去1年の3回分の過去問ですが、3回分あれば十分です。
[ 2015/05/08 23:40 ] 英検お役立ち | TB(-) | CM(-)

気軽にできるプチ英検にチャレンジ

Sponsored Link

英検には1~5級まで7つの級がありますが、英検公式サイトの1コーナー「プチ英検」で、何級を受験するかおおよその目安を判定できます。

では早速プチ英検を受験してみます。

プチ英検には
「気軽に試して、プチ英検」
「級別に試して、プチ英検」
の2つの種類がありますが、今回は「気軽に試して、プチ英検」を受験します。

「気軽に試して、プチ英検」には3つのステージがあります。

・ステージ1:5級~3級レベル
・ステージ2:3級~2級レベル
・ステージ3:2級~1級レベル

今回はステージ3に挑戦します。

プチ英検は、四択の英文穴埋め問題を12問解いていく文字通りの「プチ」試験で、5分程の時間でできます。

ステージ3の場合、問1~4は英検2級レベル、問5~8は英検準1級レベル、問9~12が英検1級レベルの問題です。

問題は過去の英検で出題されたものだと思います。

2級レベルは簡単に解けるかなと思いきや、英文の意味はわかりますが、選択肢の4つの単語がなかなか難しいです。

いつもながら自分の語彙力の無さを痛感します。

問9以降の英検1級レベルの問題にはまったく歯が立たないので、なんとなくのフィーリングで答えます。

全部回答し終えると、結果画面が表示されます。

私の成績は、12問中7問正解。

各レベルの結果も表示されます。

・2級レベル:4問中3問正解
・準1級レベル:4問中4問正解
・1級レベル:4問中0問正解

今の私の語彙力を正確に反映しています。

1級合格への道のりは限りなく険しいですね^^;

プチ英検は受ける度に問題が変わるので、何度でも利用できます。

どの問題で間違っていたか、正解はどの選択肢だったかの確認もできますので、受験レベルのチェックだけでなく語彙力強化の勉強にも使えますね。

http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/petit/

[ 2015/05/09 22:36 ] 英検お役立ち | TB(-) | CM(-)

英検1級の語彙って

Sponsored Link

英検1級に挑戦しようと思い立ち、英検の公式サイトから過去問をダウンロードして少し解いてみましたが、まったく歯が立ちません。

私の場合、問題なのは語彙力です。

例えば、2015年1月25日実施の英検1級の最初の問題。

When a girl ran out in front of Phil's car, he did not have time to stop but managed to (     ) to avoid hitting her.

1 appease
2 crave
3 swerve
4 denounce

英検1級2014年度第3回 問題冊子より



・・・選択肢の4つの単語がすべてまったくわかりません。一応私も細々ながらも20年近く英語を勉強してきたのですが、この4つの単語はすべて初見です。

でも、英文自体の意味は問題なく取れます。

「少女が車の前に飛び出して来て止まる時間はなかったけれども、避けることはできた」というような意味ですね。

車を止めることはできないけれども、とにかく必死でハンドルを切ってなんとか少女を避けた、という状況に合致する単語がカッコに入るわけですね。

と、そこまでは推測できますが、とにかく並んでいる単語を眺めていてもまったく見当がつきません。

降参して、とりあえず辞書で調べてみました。

1 appease (人を)なだめる
2 crave しきりに欲しがる
3 swerve 急に向きを変える
4 denounce 非難する

うーん、なるほど。

そういえば、denounceはかなり以前に一度辞書で調べたことがありましたが、完全に忘れていました。

ということで、正解は明らかに

「3 swerve 急に向きを変える」

ですね。

意味さえわかればなんということはない問題なのにと考えつつ、1級レベルの語彙力さえあれば合格も夢ではないのかなとも思いました。

読解問題にしても分からない単語がたくさんあるために困ってしまうのであって、文法や構文は準1級とそれほど差があるわけではないようです。

語彙力強化ですか・・・とりあえず「でる単」でも買おうか・・・

でも私は「でる単」的な本で勉強するのは嫌なのですよ。ひたすら単語だけながめているのは何の楽しみも喜びも感じられなくてですね。

とりあえず過去問からわからない単語を拾って、地道に意味を調べていこうかなと思います。

でも英検1級に出てくるような単語は覚える意味があるのかなと思ってしまいますね。実際の英語のコミュニケーションで使うことはまず無いような。ただ試験のためだけの勉強になってしまうような。

でも英検も歴とした試験であるわけですから、いわゆる試験のための勉強も止むを得ずでしょうか。

うーん、ジレンマです。

[ 2015/05/14 20:50 ] 英検お役立ち | TB(-) | CM(-)